青汁に使われる野菜とは

青汁とひとまとめにすると分かりにくいのですが、原材料に選ばれる野菜は幅広い品種です。

ずっと以前に青汁を試して苦手にする人は、どうしても青汁はケールという野菜のイメージに限定されるのでは?

最近は青汁に選ばれる野菜が多彩になり、ケール以外ならフレーバーが違うことを期待できるそうですよ!

例えば最近よく見かける青汁に使われる野菜とは大麦若葉、さらに明日葉のどちらかの野菜が目立ちます。
しかも明日葉は一般的にも美味しい野菜として知られ、また大麦若葉はケールを苦手にする人にも選びやすい味覚ということで、青汁の野菜として注目が集まるみたいです。

さらに青汁は青じそ、よもぎやゴーヤーなど、メジャーな野菜で知られる品種も原料に選ばれます。
また桑の葉やいぐさといった、なかなか食用にイメージしない野菜も原料に選ばれます。

これだけ原料に選ばれる野菜が多いのに、青じそとゴーヤー以外なかなか生鮮野菜として売り場で見かけないので、青汁だからこそ味わえる野菜と考えられる品種になりそうですね!

 

自家製の青汁に野菜は何が必要?

なかなか自家製で青汁は作らないイメージですが、もし手作りをするならと考えれば、野菜は何を摂取できるか知るには分かりやすい方法でしょう。

ただ青汁を自家製にしようとならない理由として、一般的に知られる野菜を原材料であまり見かけません。
まず青汁の野菜として代表格となるケールとは、生鮮野菜で売られるのを見たことがない、と思うほど。

また最近よく青汁について見るなら大麦若葉ですが、これも生鮮野菜として売り場で見た記憶がありません。
次に青汁の野菜としてメジャーといえるのが明日葉ですが、これはごく稀に生鮮野菜として売り場で見かけます。

だから青汁は基本的に日常的な野菜が使われるとは、なかなか言いにくい状態でしょう。
では自家製青汁を作るならキャベツや小松菜、パセリ、水菜、しそなどが選ぶ野菜の候補に考えられます。
しかし、これだけの野菜を買いそろえるとなれば、なかなか出費はかさみますね~

しかも日持ちしないので、やっぱり青汁は自家製で続けるのは難しい条件かもしれませんね!